「他動詞」タグアーカイブ

【暗記する英文法】再帰動詞

常に再帰代名詞を目的語にとる文語的表現
absent oneself from, avail oneself of, pride oneself on;
absorb oneself in = be absorbed in, devote oneself to = be devoted to, (possess oneself of =) be possessed of
本来再帰動詞だが目的語を省略できるもの(省略したときには自動詞扱い)
adjust (oneself) to, behave (oneself), dress (oneself), hide (oneself), identify (oneself) with, prepare (oneself) for
自動詞化するための再帰動詞(目的語は省略不可)
amuse oneself, content oneself, enjoy oneself, excuse oneself, exert oneself, flatter oneself, hurt oneself, occupy oneself, present oneself;
seat oneself = sit, raise oneself = rise, lay oneself = lie, worry oneself = worry

【暗記する英文法】by以外の前置詞をとる受動態

受動態における「by+もと主語」は《動作主》を表すので、動作の主体として相応しくない場合はby以外の前置詞が用いられる。

感情他動詞
be surprised/amazed/amused at, be interested in, be satisfied with, be scared of
識別に注意するもの
be known as/for/to/by, be made of/from/into
その他
be caught in, be covered in/with, be cut with

【暗記する英文法】受動態にならない他動詞

受動態は「受動態構文の主語(能動態では目的語だった語)が何らかの影響を受けた」を意味するので,意味の上で目的語への働きかけが少ない動詞は受動態にならない。

受動態にならない主な他動詞
cost, escape, fit, have(「所有する」), lack, resemble, suit(「似合う」)
意味によっては受動態にできないもの
以下の構文における動詞も,目的語への働きかけが少ないので受動態に書き換えられない(目的語がなんの影響/変化も受けていない、と考えられるから)

  • He caught the last train.
  • This auditorium holds 2000 people.
  • I passed John just now.
  • I can’t stand the sight of him.
  • The car turned the corner.

補足

上の表の後半からわかるように、受動態にできるかどうかは《目的語が影響を受けたかどうか》なので、能動態の文の主語次第で可否が決まることがある。

  • We visited this town in our youth.
    →(×)This town was visited by us in our youth.
  • Napoleon visited this town in his youth.
    →(○)This town was visited by Napoleon in his youth.
  • A number of people visit this town every year.
    →(○)This town is visited by a number of people every year.

主語によって受動態の可否が異なるのは、「私たち」が訪れたくらいでは「この町」にはなんの価値も変化ももたらさないが、「ナポレオン」や「多数の(観光)客」が訪れるのであれば「この町」には何らかの影響が及ぶことになるからである。

【暗記する英文法】自動詞とカンチガイしやすい他動詞

他動詞のことを《「OをVする」と訳せる動詞》として覚えるのは中学生にとっては有益かもしれないが、大学受験生にとっては命取り。他動詞とは《目的語をとる動詞》のことであり、日本語と英語との違いのために「〜を」という助詞を用いない日本語訳が適切な他動詞が少なくない。

入試では、そのような他動詞がよく出題される。基本レベルがAR MADAM LOVERだが、近年はもう少しマイナーな語が出題されることが多くなってきた。

AR MADAM LOVER
  • approach 「〜に近づく」
  • reach 「〜に着く,届く」(= arrive at, get to
  • marry 「〜と結婚する」
  • answer 「〜に答える」
  • discuss 「〜について相談する」(discuss〈議題〉with〈人〉)
  • address 「〜に語りかける/〜に向かって演説する」
  • mention 「〜に言及する」
  • leave 「〜から出発する」(leave〈出発点〉for〈目的地〉)
  • obey 「〜に従う」
  • visit 「〜を訪れる」
  • enter 「〜に入る」(〈場所〉に入るときに他動詞。
    〈動作〉を開始するときは自動詞となりenter into 〈動詞派生抽象名詞〉)
  • resemble 「〜に似ている」
最近入試で狙われる他動詞
  • inhabit「〜に住み着く」
  • contact「〜に連絡を取る」
  • match「〜と合う」
  • suit「〜に似合う」
  • survive「〜より長生きする」
  • follow「〜の後について行く」
  • accompany「〜と一緒に行く」
  • join「〜に加わる」
  • consider「〜について考慮する」
  • touch「〜に触る」
  • oppose「〜に反対する」
  • face「〜に直面する」