「英文法」タグアーカイブ

【暗記する英文法】無冠詞の慣用表現

名詞が無冠詞で用いられる慣用表現は少なくないが、修飾語が付いたり標準以外の前置詞が用いられたときには冠詞がつくことには注意したい。

  • He went to bed. → He lay on the bed.
  • She became CEO of the company. → She was the first CEO of the company.
  • We went there by bus. → We took the city bus.
名詞が抽象名詞としてその《本来の目的》を表すときは無冠詞になる
  • go to bed / college / church / hospital / school / sea
  • after school
  • be at school, be at sea, be at table, be at tea
  • be in bed, be in class, be in office
  • send to prison, take office
  • 補語となっている地位・役職も《本来の目的》と考えてしばしば無冠詞
  • become President, be chosen captain
  • 交通・通信の手段は無冠詞になる
  • by air / bicycle / boat / bus / car / mail / letter / sea / telephone / train / subway / wire
  • on foot / horseback
  • 食事も無冠詞
  • have breakfast/lunch/supper/dinner
  • 【暗記する英文法】計量単位

    物質名詞などの不可算名詞を数えるには《計量単位》をうまく利用すればよいわけだが、このカタチは実際にはその他の名詞の計量にも用いることができる。

    数量+計量単位+of+名詞(抽象名詞・不可算名詞・普通名詞)

    代表的な計量単位と物質名詞
    個数
  • a piece of chalk/cheese/wood
  • a slice/loaf of bread
  • a cake of soap
  • a grain of rice/salt
  • a sheet of paper
  • a speck of dirt/dust
  • 容器
  • a cup of tea/coffee
  • a glass of water/milk
  • a spoonful of sugar
  • 量目
  • a pint of milk
  • a pound of butter
  • two kilograms of beef
  • a pinch of salt
  • a piece of advice/furniture/information
  • 常に2つで1組となるもの
  • a pair of twins/scissors/glasses/shoes/socks/trousers/jeans
  • 動物などの群れ
  • a herd of cattle/cows
  • a flock of sheep/ducks
  • a pack of wolves
  • a school/shoal of fish
  • a swarm of ants/bees
  • a cluster of stars
  • 【暗記する英文法】絶対不可算名詞

    英語の名詞は、大きく可算名詞と不可算名詞に分けられる。

    単純化すると、可算名詞とは「不定冠詞aをつけられる」「複数形になれる」名詞のことで、そうなれない(したがって無冠詞単数で用いる)のが不可算名詞ということになるが、ことはそう単純なことではなく、多くの不可算名詞は形容詞が付くと”a”をつけた表現も当たり前のように用いられる。例えば、食事を表すbreakfast, lunch, supper, dinnerは無冠詞で用いることになっているが、形容詞がつくと区別のaとでも言えるaがつく。

    Did you have breakfast this morning?

    It was a delicious breakfast.

    最重要6語
    まず絶対に押さえるべきはadvice, furniture, homework (work), information, money, newsで、とある問題集にあった解説によればこの6個で絶対不可算名詞の出題の80%以上を占めるらしい。
    主な絶対不可算名詞
    advice, applause, behavior, conduct, damage, equipment, information, fun, furniture, harm, homework, luck, knowledge, merchandise, money, music, news, nonsense, progress, room, traffic, weather, wisdom, work

    -ry シリーズ
    scenery, jewelry, machinery, poetry
    一見具体性が高そうな絶対不可算名詞
    baggage/luggage, clothing, mail
    注意すべき語
    • damagesは「損害賠償額」の意味
    • worksは「作品」という意味
    • jobは可算名詞

    【暗記する英文法】主な不規則動詞

    AAA型
    • cost — cost — cost
    • cut — cut — cut
    • hit — hit — hit
    • hurt — hurt — hurt
    • let — let — let
    • put — put — put
    • quit — quit — quit
    • read — read — read
    • set — set — set
    • shut — shut — shut
    ABA型
    • become — became — become
    • come — came — come
    • overcome — overcame — overcome
    • run — ran — run
    ABB型
    • bring — brought — brought
    • build — built — built
    • buy — bought — bought
    • catch — caught — caught
    • feel — felt — felt
    • find — found — found
    • have/has — had — had
    • hear — heard — heard
    • hold — held — held
    • keep — kept — kept
    • lay — laid — laid
    • lead — led — led
    • leave — left — left
    • lend — lent — lent
    • lose — lost — lost
    • make — made — made
    • mean — meant — meant
    • meet — met — met
    • pay — paid — paid
    • say — said — said
    • sell — sold — sold
    • send — sent — sent
    • shoot — shot — shot
    • shine — shone — shone
    • sit — sat — sat
    • sleep — slept — slept
    • spend — spent — spent
    • stand — stood — stood
    • teach — taught — taught
    • tell — told — told
    • think — thought — thought
    • understand — understood — understood
    • win — won — won
    ABC型
    • be/is, am — was — been
    • be/are — were — been
    • begin — began — begun
    • break — broke — broken
    • choose — chose — chosen
    • do/does — did — done
    • draw — drew — drawn
    • drink — drank — drunk
    • drive — drove — driven
    • eat — ate — eaten
    • fall — fell — fallen
    • fly — flew — flown
    • forget — forgot — forgotten
    • get — got — gotten/got
    • give — gave — given
    • go — went — gone
    • grow — grew — grown
    • hide — hid — hidden
    • know — knew — known
    • lie — lay — lain
    • ride — rode — ridden
    • rise — rose — risen
    • see — saw — seen
    • shake — shook — shaken
    • show — showed — shown/showed
    • sing — sang — sung
    • speak — spoke — spoken
    • steal — stole — stolen
    • swim — swam — swum
    • take — took — taken
    • tear — tore — torn
    • throw — threw — thrown
    • wear — wore — worn
    • write — wrote — written

    【暗記する英文法】不規則動詞の規則

    不規則動詞は英語の歴史の中でだんだんと減ってきた(規則動詞化した)。現代英語でもなお残っている不規則動詞は,日常生活に密着しているためにその変化が起きなかった,と考えられる。

    不規則動詞は英語が本来持っていた言語的性質に基づくものが多く,その性質を理解すると少しだけ規則的にもみえる。

    母音変化による変化が多い
    ・eat – ate – eaten
    ・begin – began – begun
    自動詞が多く含まれる
    ・lie – lay – lain
    ・sit – sat – sit
    過去分詞が-enで終わる語が多い
    ・rise – rose – risen
    ・forget – forgot – forgotten
    過去形と過去分詞形が同じ形の不規則動詞は -tで終わることが多い
    ・keep – kept – kept
    ・build – built – built

    【暗記する英文法】法助動詞+have+Vpp

    法助動詞は,それが原形(will, shall, can, mayなど)であれ,過去形形式(would, should, could, mightなど)であれ,《発話時点での話者の心的態度》を示すのが基本。(例外は,《過去の能力》のcouldのみ。)つまり,助動詞は常に《現在》となり,発話内容も《現在のこと》に言及することになる。
    したがって,敢えて《過去の事柄》に対する(現在の)心的態度を表すためには,時のズレを示すhaveを用いる必要がある。(《過去の心的態度》を表しているわけではない。)
    なお,法助動詞+have+Vppはいずれも《話者の認識・判断》の意味となり,その助動詞が持っているその他の意味は表すことはない。

    助動詞の原形+have+Vpp
    • must have Vpp《推定(確信)》「〜したはずだ」
    • cannot have Vpp《推定(確信)》「〜したはずがない」
    • may have Vpp《推量》「〜だったかもしれない」
    • will have Vpp
    • shall have vpp
    過去形形式の助動詞+have+Vpp
    • could not have Vpp《推定》「〜できたはずがない(なかった)」
    • could have Vpp《推量》
      1. 「〜できたのに」(実際には行為がなかった…反実仮想)
      2. 「〜できたかも」(実現したかどうかは不明)
    • might have Vpp《推量》
      1. 「〜したかも」(実際には行為がなかった…反実仮想)
      2. 「〜したかも」(行われたかどうかは不明)
    • would have Vpp《推量》
      1. 「〜しただろうに」(実際に行為がなかった…反実仮想)
      2. 「〜だろう」(実現しているかは不明)《過去時の推量》
    • should have Vpp
      1. 《完了の予想》「〜してしまったはずだ」
      2. 《義務・望ましさ》「〜するべきだった(のにしなかった)」
    • ought to have Vpp
      1. 《完了の予想》「〜してしまったはずだ」
      2. 《義務・望ましさ》「〜するべきだった(のにしなかった)」
    • need not have Vpp《不必要》「〜する必要がなかった(のに,〜した)」
      = didn’t have toV

    【暗記する英文法】非人称構文

    非人称のitとは《人称代名詞ではないit》のことで,もともとは天候・時・距離・明暗・寒暖を指すitのことである。(このitは《指示対象がない》という点で代名詞ではない、ということ。)

    他方では、非人称のitは特定の動詞と結びついて非人称構文と呼ばれる《It 動詞 thatSV》という文の主語になり、これは《複文⇔単文》の書き換え問題としてよく問われる。(単文は不定詞を用いた構文となる。)

      It seems that she is rich. = She seems to be rich.

    非人称構文の書き換え問題で注意すべきポイントは2つ。

    1. 主節の時制(メインの時制は変わらない)
    2. 2つのVの時のズレ
      非人称構文には《主節の動詞》と《thatSV中の動詞》の2つがあるが、その2つの動詞に《時のズレ》があるかないかによって書き換えた後の不定詞のカタチが変わってくる。

      • ズレなし…ふつうのtoV
      • ズレあり…不定詞はto have Vppのカタチ(thatSVの方が《昔》)
    非人称構文を作る動詞
    seem, appear, chance, happen
    • It seems thatSV現在
      = S seem(s) toV(時のズレなし)
    • It seems that SV過去 = S seem(s) to have Vpp(時のズレあり)
    • It seemed that SV過去 = S seemed toV(時のズレなし)
    非人称構文もどき
    文法的には非人称のitではないが,文法問題では同様の書き換えを行うもの
    be said, be reported, be supposed, be believed, be rumored, be thought など
    be likely, be certain, (be sure)

    • It is said thatSV = S is said toV(時のズレなし)
    • It is said thatSV = S is said to have Vpp(時のズレあり)

    補足

    • 《非人称構文もどき》としたグループの一つ目は、次のような書き換えもできる。つまり、itは仮主語であり、非人称のitではない。(なので「非人称構文もどき」と名付けた。)

      Itis said that he was handsome in his youth.
      = They say that he was handsome in his youth.

    • be sureはS is sure toVというカタチでは用いるが、It is…にするときはsureをcertainに変えてIt is certain thatSVとする。(現代英語では*It is sure thatSVとすることはない。)

      He is sure to succeed. = It is certain [sure] that he will succeed.

    【暗記する英文法】希望を表す動詞の区別

    (自由)英作文でも用いる機会の多い「〜したい」という表現だが、hope, want, wishには文法・語法の面から違いがあるのでそれをまとめてみた。いずれも《未来志向》なので単純なtoVをつけることができるが、その他の表現では可否に特徴がある。

    V+toV V+O+toV V+thatSV V+for
    hope hope toV hope O toV hope thatSV hope for 〜
    want want toV want O toV want thatSV want for 〜「欠けている」
    wish wish toV (wish O toV) wish 仮定法 wish for 〜

    【暗記する英文法】期待動詞

    未来の意図を表す期待動詞はそれが《実現せずに終わったとき》には過去形+完了不定詞(to have Vpp)となるが、これは過去形のSVを伴わない単独の過去完了形に書き換え可能。(本来は過去完了形は《過去よりも過去》を表すので基準となる過去形のSVが必要だが、期待動詞の過去完了形に限っては、なくてもOKということ。)

    expect, hope, mean, be to, intend, suppose, want, thinkなど

    「彼女を訪ねるつもりだったんだ(けど、しなかった)」
    I expected to have visited her.
    = I had expected to visit her. (過去形なしで用いられる過去完了形)
    = I expected to visit her, but I didn’t.

    なお,現代英語では完了不定詞より過去完了形で用いられるのが一般的となっている