Shall we ダンス/Dance?

宝塚雪組が次の大劇場公演で『Shall we ダンス?』をやるというので、日本版とハリウッド版を続けて観てみた。ハリウッド版は配給側の都合でいくつかのシーンをカットされていて、周防監督はそのため日本版を観た人にはハリウッド版を観ることは勧めたくないそうだが、両方を比較してみると「日米比較文化論」みたいな考察もできるので面白いのではないかと思う。

小柳センセがこれを宝塚でやる、ということで「あの『フットルース』の感動よ再び!」と雪組ファンはみんな心躍っているところだろう。
日本版ベースで行くのか、ハリウッド版ベースで行くのか、周防監督は原作通りやってほしいのだろうけど、個人的にはうまく2つをミックスしてほしいなぁ…と。

【主要キャスト】
役柄 日本版 ハリウッド版
主役のサラリーマン 役所広司 リチャード・ギア
ダンス教師 草刈民代 ジェニファー・ロペス
ダンスマニアの同僚 竹中直人 スタンリー・トゥッチ
オバサンダンサー 渡辺えり子 リサ・アン・ウォルター
主役の妻 原日出子 スーザン・サランドン
探偵 柄本明 リチャード・ジェンキンス
ダンス教室の仲間 徳井優 ボビー・カナヴェイル
ダンス教室の仲間 田口浩正 オマー・ミラー
オバサンダンス教師 草村礼子 アニタ・ジレット

見比べて驚いたのは、思った以上にハリウッドの「リメイク」が原作に忠実だったこと。日本版の方がテンポ感はゆったりしているし、日本映画らしい「背景音なし」の場面も多かったけれど、設定の多くが細かいところまで共通していて、周防監督の脚本が《物語の構造》として非常に完成度が高かったことが伺われる。

一方で、日米で異なる設定とされていたりセリフが変更されているところもあり、そういうところに文化の違いが表れているのが面白い。

例えば、ダンス教室にいるオバサンダンサー。日米どちらでも中年になってやさぐれぎみだけれど、ハリウッド版だと「私は正直に何でも言うことにしてるの」と自分の行動原理を明確に主張する。
ダンス教室の生徒たちも同様に、ハリウッド版では「なぜ自分はここにいるのか」をはっきりとさせている。ちょっととろくてでかいヤツは「婚約者と踊るため」だし(これがオバサンダンサーの「私は正直」発言の伏線になる)、3人目は「ダンスを踊ってモテまくる」ことが目標だと言いきる。日本版を観ると、そこまでみんなダンスにこだわっているようにも見えなくて、なんとなく…というゆるい感じが漂う。
日米どちらにおいてもダンス教室の生徒たちはなにかしら「満たされないもの/コンプレックス」を持っているようなのだけど、それを胸にしまい込む日本人と言語化するアメリカ人、と分類できるかな。

主人公の家庭状況も異なる。仲良し夫婦であることにかわりはないけど、ハリウッド版では奥さんはバリバリのキャリアウーマンで管理職。職場の休憩中に浮気話とか出てきたりして、そういうこともあって探偵のところに行く、というふうにこれまた「行動原理」が説明的なのがいかにもアメリカ。歌にしやすいのはこういうアメリカ版のほうだと思うけど、小柳たんはどうするのかな…。

宝塚でやるとしたら、ハリウッド版をベースに日本版のテイストを加える、という感じになるのではないかなぁ…その方が華やかになるしね。元の映画が、日本版で2時間強、ハリウッド版で2時間弱。宝塚では95分に収めるわけだからいろいろカットされてしまうけど、小柳たんらしくテンポよく進めてくれるならちょうどいい感じになるんではないかね。

雪組妄想配役(笑)

主役サラリーマン えりたん(壮一帆) 前半の情けない男モードはどうなるのやら
若きダンス教師 あゆっち(愛加あゆ) Shining Rhythmばりの鋭い踊りまくりを期待
ダンスマニアの同僚 ちぎ(早霧せいな) 仁での龍馬をさらに明るくしたキャラでキレキレの踊りを!
年配ダンス教師 まっつ(未涼亜希) まっつにはしっかり踊って語って活躍してもらいたいので、敢えての設定変更で
オバサンダンサー ヒメ(舞咲りん) 超絶濃い役でかつ踊れる、ときたらヒメでしょう
探偵 にわにわ(奏乃はると) まっつでも探偵SAGIRIでもよかったけど、したり顔の芝居巧者ということで
サラリーマンの妻 きゃび(早花まこ) 人妻役といえばきゃび。ラストシーンでは敢えてまっつと踊って「私たち…踊ってるわ」のセリフ希望
ダンス教室の仲間(大) さきな(彩風咲奈) 一番人選に悩むが…路線の中で一番大きいし、婚約者を欲しがってそうな純真さもあるので
ダンス教室の仲間(中) ともみん(夢乃聖夏) 暑苦しくもモテたがるハリウッド版の設定で
大会での意地悪ダンサー(男) きんぐ(蓮城まこと) とりあえずきんぐには悪役を振る、ってことで
大会での意地悪ダンサー(女) せしる(大醐せしる) 悪役ロードの長さは雪組随一なので

ラストのサヨナラパーティ前ではもちろんハリウッド版の演出どおり、えりたんがタキシードを着込み真っ赤な薔薇一輪を持ってせり上がるしかない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です