HDDの換装とMacTeX 2014

うやくMacTeX 2014が出た。インストール自体はとくに問題なく進み、TeX Live Utilityで少しアップデートして、ふだん使っているTeXShopのバージョンを最新版に戻して完了。あっというまに以前と同じ環境となった。ラクチンだなぁ。

実は、ちょっとハマったのがちょっと前にやっていたHDDの交換に伴う設定。インストールの直前にHDD→SSDへと換装していたのだが、このときにMacの「移行アシスタント」を使用したところちょっとした落とし穴があった。tex関連のファイルは/usr以下にあるわけだが、どうも移行が中途半端だったのだ。

「移行アシスタント」ではネットの設定や各種ファイルをいろいろ移してくれるが、/usr以下はきちんと移っているようないないような。なんとなくtexが動いているように見えながら実はそうでもなかったので(フォントが変なことに)、改めてMacTexを再インストール。次に、普段はTEXMFHOMEとTEXMFLOCALをDropboxに置いてほかのマシンと同期させながら使っているので、そのチェック。

~/Library/にあったtexmfフォルダ(TEXMFHOME)はちゃんとDropboxへのソフトリンクのまま正しく移行されていたのたが、/usr/local/texlive/texmf-local(TEXMFLOCAL)はどうもダメだったらしい。

というわけで、もう一度Dropboxにあるtexmf-localへのリンクを設定。

それから、フォント関連をもう一度きちんと登録するために(ヒラギノを埋め込むのが好きなので)

これで、めでたく元の環境が再構築できた。ちゃんと以前のようにみかちゃんフォントも使える(MacTeX 2013とみかちゃんフォントの設定)。HDDを換装したら、移行アシスタントを使用していてもtex関連は別途入れ直すべし、というのが今回の教訓。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です