otfの丸数字で箇条書き

LaTeX標準の箇条書き(enumerate環境)のナンバリング表記を丸数字で表記するには、\textcircledを使う手もあるが、otf.styのキレイな丸数字を使う方が好み。数字が2桁になっても使えるのも利点だし、黒丸や「□数字」を使うことだってできるし。

普通に丸数字などを書くときは\ajMaru{1}とかするわけだけど、これをナンバリングに使うには\ajLabelを接頭辞として各ラベルを\renewcommandする。
(なお、以下は標準のenumerate環境を変えるときのもの。高機能なenumitem.styを使っている場合は別エントリー(enumitem.styとotfの丸数字)の方法でやらないとエラーが出る。)

以下は、otf.styマニュアルの記載。

カウンタで利用するためのコマンドが\ajLabel です。既にお気づきかもしれませんが、このマニュアルでもノンブルやセクションの数字を変えています。これはプリアンブルで、

\renewcommand{\thepage}{\ajLabel\ajKakkoKansuji{page}}
\renewcommand{\thesection}{\ajLabel\ajMaru{section}}
\renewcommand{\thesubsection}{\thesection の\ajLabel\ajMaruKaku{subsection}}

と再定義することによって得られた結果です。このように、\ajLabel の後に圍み文字のコマンド名を書き、その後に引数としてカウンタ名を書きます。サンプルとしてenumerate 環境での使用例を載せます。

・設定例

\renewcommand{\theenumi}{\ajLabel\ajMaru*{enumi}}
\renewcommand{\theenumii}{\ajLabel\ajMaruKaku{enumii}}
\renewcommand{\theenumiii}{\ajLabel\ajKakuAlph{enumiii}}
\renewcommand{\theenumiv}{\rensuji{\ajLabel\ajTumesuji*{enumiv}}}
\renewcommand{\labelenumii}{\theenumii}
\renewcommand{\labelenumiii}{\theenumiii}
\renewcommand{\labelenumiv}{\theenumiv} \makeatletter
\renewcommand{\p@enumii}{\theenumi の}
\renewcommand{\p@enumiii}{\p@enumii\theenumii の}
\renewcommand{\p@enumiv}{\p@enumiii\theenumiii の}
\makeatother

というわけで、これを参考にすると、以下のような感じになる。

Enumotf0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です