enumitem.styとotfの丸数字

LaTeXの箇条書き環境を拡充するものとして、いろいろと使い勝手がよいのはenumitem.styである。このパッケージは、enumerate.sty, mdwlist.sty, paralist.styの後継を目指して作られているので、1つのパッケージでいろいろとできる。

というわけで、プリアンブルで

としておけば、いろいろと使い勝手がよくなる。
オプションにshortlabelsを指定しておくと、単純な書式ならばラベルをシンプルに「1」「A」「a」「I」「i」と書けるようにしてくれるし、inlineを指定すると環境名に「*」をつけたときには行内リストにしてくれる。(ただ、この行内リストは、単純に横に並べるだけなので、きちんと体裁を整えて間隔を設定したいときなどはemath.styの一部であるemathEy.styに含まれるedaenumerate環境betaenumerate環境などを使う必要がある。)

ただ、このenumitem.styを使ったenumerate環境には一つだけ弱点がある。otf.styのマニュアルに記載されている方法では丸数字などを番号に使えないのだ。

そこで、enumitem.styのマニュアルをよく読んでみると、新たにカウンターを設定する方法(特に非ラテン言語の場合)というのが載っている。それを参考に、otf.styの丸数字(\ajMaru{1})をカウンターに使うために以下のようにプリアンブルに書く。

こうすることで、めでたく丸数字を箇条書きにできる。
(私自身は、これを自分専用のマクロにまとめてそれを読み込むことにしているが…。)

Enumotf1

ついでに、センター試験の選択肢のような、楕円形の丸数字をgraphicx.styの力を借りつつ作ってみた。

Enumotf2

丸数字を使いつつ書式をいろいろといじりたいときは、短縮形のm, nではなく、\cmaru*や\cnum*を用いた[label=\cmaru*]のようにする必要があるけれど、これはほかの短縮形(1, A, a, I, i)についても同様。

まずは、enumerate.styを使いながら丸数字を使う、ということができて満足(^^) 意外にもこれまでネット上にこのネタがなかったようなので、試行錯誤しながらマニュアルのサンプルをいじっていたらなんとかできました、という次第。
(丸数字や、センター試験っぽい長丸の数字はemathの設定を使っても作れるけど。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です