「文化」カテゴリーアーカイブ

文化がなくても生存はできるだろう。だが文化がなければ生きてはいけない。

Shall we ダンス/Dance?

宝塚雪組が次の大劇場公演で『Shall we ダンス?』をやるというので、日本版とハリウッド版を続けて観てみた。ハリウッド版は配給側の都合でいくつかのシーンをカットされていて、周防監督はそのため日本版を観た人にはハリウッド版を観ることは勧めたくないそうだが、両方を比較してみると「日米比較文化論」みたいな考察もできるので面白いのではないかと思う。

小柳センセがこれを宝塚でやる、ということで「あの『フットルース』の感動よ再び!」と雪組ファンはみんな心躍っているところだろう。
日本版ベースで行くのか、ハリウッド版ベースで行くのか、周防監督は原作通りやってほしいのだろうけど、個人的にはうまく2つをミックスしてほしいなぁ…と。

【主要キャスト】
役柄 日本版 ハリウッド版
主役のサラリーマン 役所広司 リチャード・ギア
ダンス教師 草刈民代 ジェニファー・ロペス
ダンスマニアの同僚 竹中直人 スタンリー・トゥッチ
オバサンダンサー 渡辺えり子 リサ・アン・ウォルター
主役の妻 原日出子 スーザン・サランドン
探偵 柄本明 リチャード・ジェンキンス
ダンス教室の仲間 徳井優 ボビー・カナヴェイル
ダンス教室の仲間 田口浩正 オマー・ミラー
オバサンダンス教師 草村礼子 アニタ・ジレット

見比べて驚いたのは、思った以上にハリウッドの「リメイク」が原作に忠実だったこと。日本版の方がテンポ感はゆったりしているし、日本映画らしい「背景音なし」の場面も多かったけれど、設定の多くが細かいところまで共通していて、周防監督の脚本が《物語の構造》として非常に完成度が高かったことが伺われる。

一方で、日米で異なる設定とされていたりセリフが変更されているところもあり、そういうところに文化の違いが表れているのが面白い。

例えば、ダンス教室にいるオバサンダンサー。日米どちらでも中年になってやさぐれぎみだけれど、ハリウッド版だと「私は正直に何でも言うことにしてるの」と自分の行動原理を明確に主張する。
ダンス教室の生徒たちも同様に、ハリウッド版では「なぜ自分はここにいるのか」をはっきりとさせている。ちょっととろくてでかいヤツは「婚約者と踊るため」だし(これがオバサンダンサーの「私は正直」発言の伏線になる)、3人目は「ダンスを踊ってモテまくる」ことが目標だと言いきる。日本版を観ると、そこまでみんなダンスにこだわっているようにも見えなくて、なんとなく…というゆるい感じが漂う。
日米どちらにおいてもダンス教室の生徒たちはなにかしら「満たされないもの/コンプレックス」を持っているようなのだけど、それを胸にしまい込む日本人と言語化するアメリカ人、と分類できるかな。

主人公の家庭状況も異なる。仲良し夫婦であることにかわりはないけど、ハリウッド版では奥さんはバリバリのキャリアウーマンで管理職。職場の休憩中に浮気話とか出てきたりして、そういうこともあって探偵のところに行く、というふうにこれまた「行動原理」が説明的なのがいかにもアメリカ。歌にしやすいのはこういうアメリカ版のほうだと思うけど、小柳たんはどうするのかな…。

宝塚でやるとしたら、ハリウッド版をベースに日本版のテイストを加える、という感じになるのではないかなぁ…その方が華やかになるしね。元の映画が、日本版で2時間強、ハリウッド版で2時間弱。宝塚では95分に収めるわけだからいろいろカットされてしまうけど、小柳たんらしくテンポよく進めてくれるならちょうどいい感じになるんではないかね。

雪組妄想配役(笑)

主役サラリーマン えりたん(壮一帆) 前半の情けない男モードはどうなるのやら
若きダンス教師 あゆっち(愛加あゆ) Shining Rhythmばりの鋭い踊りまくりを期待
ダンスマニアの同僚 ちぎ(早霧せいな) 仁での龍馬をさらに明るくしたキャラでキレキレの踊りを!
年配ダンス教師 まっつ(未涼亜希) まっつにはしっかり踊って語って活躍してもらいたいので、敢えての設定変更で
オバサンダンサー ヒメ(舞咲りん) 超絶濃い役でかつ踊れる、ときたらヒメでしょう
探偵 にわにわ(奏乃はると) まっつでも探偵SAGIRIでもよかったけど、したり顔の芝居巧者ということで
サラリーマンの妻 きゃび(早花まこ) 人妻役といえばきゃび。ラストシーンでは敢えてまっつと踊って「私たち…踊ってるわ」のセリフ希望
ダンス教室の仲間(大) さきな(彩風咲奈) 一番人選に悩むが…路線の中で一番大きいし、婚約者を欲しがってそうな純真さもあるので
ダンス教室の仲間(中) ともみん(夢乃聖夏) 暑苦しくもモテたがるハリウッド版の設定で
大会での意地悪ダンサー(男) きんぐ(蓮城まこと) とりあえずきんぐには悪役を振る、ってことで
大会での意地悪ダンサー(女) せしる(大醐せしる) 悪役ロードの長さは雪組随一なので

ラストのサヨナラパーティ前ではもちろんハリウッド版の演出どおり、えりたんがタキシードを着込み真っ赤な薔薇一輪を持ってせり上がるしかない。

Only Time Will Tell (Jeffery Archer)

Kindle Paperwhite を買って以来、英語の本を原書で読むことが増えた。電子書籍のいいところはちょっと自信が持てない単語をすぐにその場で調べられることで(単語をダブルタップするだけでOK!)、そのおかげですいすいと読み進められる。

そんなこともあって近年にないハイペースで読めたのが Jeffery Archer の最新大河小説シリーズ The Clifton Chronicles 1である。
原書は2011に出版され、毎年1作のペースで現在3作目まで出ているのだけれど、日本語訳もつい最近『時のみぞ知る』というタイトルで新潮文庫から上下巻で出版された。

  

公式の紹介文は以下の通り。

1920年代、イギリスの港町ブリストルに住む貧しい少年ハリーは、サッカー選手か世界を旅する船乗りを夢見ていた。しかし、意外な才能に恵まれ、進学校へ進んだ彼は、富裕層の御曹司たちから再三いじめを受ける。やがて名家出身のジャイルズという親友を得るが……。『ケインとアベル』より30余年、貴族と庶民の生きざまを描いた著者畢生の最高傑作。壮大なるサーガ、ついに開幕!

主人公の名前がハリーなのはまるでハリー・ポッターを思わせるが、これは英語では「太郎」くらいに相当する一般的な名前。”every Tom, Dick and Harry” で「誰でも彼でも」と意味するくらいで、そこからこの主人公は「普通の人」という設定がされている感じがする。まぁ、アーチャー作品ではそういう「普通の人」が地道に努力しているうちにぐいぐいと出世してしまうことが多いわけだが(笑)

さて、アーチャー作品を原書で読むのは久しぶりだが(たぶん『カインとアベル』以来)、今回読んでみて思ったのが「仮定法が多いな」ということ。
文章の冒頭からして仮定法である。

This story would never have been written if I hadn’t become pregnant.

この作品は、主要登場人物が代わる代わる一人称で語り継いでいく形式を取っているから「もし○○だったら…」と思うことは少なくないのだろうけど、そういう内省的な描写が多いので「目に見える行動」と「心の中の思い」がうまくクロスオーバーして物語の進行が理解しやすく、スピーディに読み進められるのではないかな。
しかも、目次を見ればわかるように、「代わる代わる一人称」と言っても時代はそれぞれ微妙にオーバーラップしている。

  • Maisie Clifton 1919 (prelude)
  • Harry Clifton 1920-1933 (Chap.1-10)
  • Maisie Clifton 1920-1936 (Chap.11-19)
  • Hugo Barrington 1921-1936 (Chap.20-26)
  • Old Jack Tar 1925-1936 (Chap.27-34)
  • Giles Barrington 1936-1938 (Chap.35-43)
  • Emma Barrington 1932-1939 (Chap.44-47)
  • Harry Clifton 1939-1940 (Chap.48-56)

(Maisie:Harryの母、Harry:主人公、Hugo:Gilesの父で、かつ敵役、Old Jack:Harryの師匠、Giles:Harryの親友、Emma:Gilesの妹)
こうすることによって、同じ出来事を《複数視点》から描写することが出来るわけで、「実はそういうことだったのか!」という読みながらわかっていく快感もあり、その構成が上手い。芥川龍之介の『薮の中』というより、タランティーノの『パルプ・フィクション』や内田けんじの『運命じゃない人』のような面白さがある。
もともと一人称形式というのは、《神の視点》で書かれる小説よりも内面の描写が自然にできるわけで(佐藤賢一のようにそれを独特の方法で乗り越えてる作家もいる)、この作品ではそれが素晴らしくうまくハマっていて、ページを繰る手が止まらなくなる。

ストーリー自体は、主人公の自助努力による成功譚というより、善良な主人公が悪環境にもかかわらずすくすくと伸びていき、周囲の善意によって数々の悪条件をクリアしていく、というもので、どこか夢物語的。そういうところも、いかにも通俗小説的といえようか。

20世紀前半のイギリスの空気を感じることもできる佳作だと思う。オススメ。

★★★★★